FC2ブログ

tag: 臨書  1/2

「深窓秘抄」15-18

You Tubeで、生後1週間ほどで捨てられていたという子猫の動画を見ていたら、その鳴き声を聞きつけてやってきたゴローくんが、鳴いている子猫を呼びながら探す探す。「スマホだよ〜」と彼に言っても、見えてないから仕方がないんだけど、ゴローくん、いいヤツだな。「深窓秘抄」の「夏」は8首しかないので、引き続きやっつけました。夏久米廣庭(くめのひろにわ)いへに(尓)いき(支)てな(那)に(尓)をかた(多)らんあしひき(支)のやま...

  •  0
  •  closed

「深窓秘抄」11-14

で、こっち「深窓秘抄」の臨書は、投げっぱなしで4年ぶり、って酷すぎるよね。みつねわが(可)やどのは(者)なみがてらに(尓)くるひとはちりなむのちぞ(曽)こひ(悲)しか(可)るべき(支)華山院この(農)もとを(遠)す(春)みか(可)とす(須)れ(礼)ば(盤)お(於)のづか(可)らは(半)な(奈)み(美)るひとに(耳)なり(▲に)け(介)るか(可)な(那)やか(可)もちは(者)る(流)のゝにあさるきゞすのつまこひに(尓)おのが(可)ありか(可)をひと(東)に(尓)...

  •  0
  •  closed

「赤壁賦」33ー41

腰痛はほぼ良くなりましたが、週いちで整形外科に通い、運動療法を続けています。股関節の痛みはあるけど、まだまだ普通に歩けているから良しとしましょう。仕事ではなく、医者通いでスケジュールが埋まるのも「なんだかなあ」という気持ち。さてさて。趙孟頫「赤壁賦」の臨書の続き。気がつけば、前回アップより、はや半年が過ぎています。「(蘇子愀然正)襟。危坐而問客曰。何爲其然也。客曰。月明星稀。烏鵲南飛。此非曹孟徳之...

  •  0
  •  closed

「赤壁賦」26ー32

さらに続き。やたら墨を吸う紙です。ほぼ1/3まで来ました。「(倚)歌而和之。其聲烏々然。如怨女慕。如泣如愬。餘音嫋々。不絶如縷。舞幽壑之潜蛟。泣孤舟之嫠婦。蘇子愀然正(襟。)」「歌に倚りて之に和す。其の声 烏々(ああ)然として、怨むが如く慕うが如く、泣くが如く愬(うった)うるが如し。餘音嫋嫋(じょうじょう)として、絶えざること縷(いと)の如く、幽壑(ゆうがく)の潜蛟(せんこう)を舞わしめ、孤舟の嫠婦...

  •  2
  •  closed

「赤壁賦」21ー25

臨書を進めてはいたものの、画像を放置していて、アップするまでに時間がかかりました。続きます。「桂棹兮蘭槳。撃空明兮遡流光。渺々兮余懷。望美人兮天一方。客有吹洞簫者。倚(歌而和之。)」「(歌に曰く)、桂の棹(かじ)、蘭の槳(かい)、空明に撃ちて流光に遡る。渺々たり余が懷(おも)い、美人を天の一方に(望む)と。客に洞簫(どうしょう)を吹く者有り」...

  •  0
  •  closed