FC2ブログ

archive: 2010年03月  1/5

「真草千字文」  165-168

「路侠槐卿。戸封八縣。家給千兵。」~路は槐卿(かいけい)侠(なら)ぶ。戸は八県を封じ、家に千兵を給す。~「書芸呉竹」が切れたので、2枚目から墨液を「玄宗」に変えました。う~ん、にじむ、にじむ。原帖は、「家給千兵」の草書部分、四文字が欠落しています。これは他の欠落部分と同じように「閑中本千字文」から補います。「戸封八縣」でちょうど半分。ここが折り返し地点です。v(^_^)v...

  •  12
  •  0

4月 半紙月例課題

別にパンダが好きというわけではありませんが、新しい背景が増えていたので変えてみました。何とか仕事をやっつけました。今日は朝から準備をし、夕方東へ向けて出発する予定です。しかし……ヒマな時には何にもないくせに、さっさと片付けてしまいたい昨日のような日に限って、年に1度あるかないかのようなお客さんから電話があったり、FAXがひっきりなしに送りつけられて来たり。結局、仕事をふたつ断りました。電話の向こうで...

  •  11
  •  0

さくら

今、これくらい。心がささくれ立ったとき、こんな青い空になぐさめられる。ナイーブ、などという言葉は決して褒め言葉じゃないと、昔から思ってた。何かを察したようにじっと顔を覗き込む、まっすぐな猫のまなざし。「わかったよ」と頭をなでる。遠方より電話。心にしみる。たくさんの優しさに、ありがとう。   そしてくたばれ! 涙!...

  •  20
  •  0

しつこい甘さ

外に出る用事があったので自転車を走らせていると、すでに花びらの散りかけた花に気づいて写真を撮った。いつもソメイヨシノに先がけて咲く、ピンクの濃い桜?平和大通りの桜も、ぼちぼち開いているかもしれない。(四訓さんに教えていただくまですっかり忘れていた桜フォトギャラリーに参加しました)朝、いつもと違うコーヒー牛乳を買って飲んだら、口の中に変な甘さが一日中こびりついて離れない。水を飲んでも、お茶を飲んでも...

  •  15
  •  0

競書誌4月号、来ました♪

競書誌が来ました。袋を開けると、あらまあ、表紙が衣替え。新年度なんですね。このところ皆さんにいただくアドバイスのおかげで、なかなか私としてはいい成績を保つことができています。心より感謝申し上げます。<(_ _)>さて、今月の誌上コンの結果は……王羲之の「適重煕書帖」から臨書課題、「想當轉佳耳」は二席。虞世南の倣書は佳作で写真掲載されていました。今回はどちらの結果がどちらかがわかるので良かったです。「...

  •  13
  •  0