FC2ブログ

archive: 2010年06月  1/7

仕事中なんですけど~~~(=`・´=) =3

No image

狩猟本能お嫌いな方、ごめんなさい。実は私もひじょ~に苦手なんですが……モニタの上からスルスルッと降りて来た一匹のハエトリグモ。何を思ったか、クルクル動いているポインタを追いかけ始めました。子猫と一緒じゃん(笑)あれから小一時間たちますが、まだいます。はっきり言って「邪魔」です。こんなことのためにYouTubeのアカウントを作ってしまった……仕事中なのに……。携帯なので、ピンボケててすみません。...

  •  14
  •  0

久々の仮名

またまた雨が降り始め、雷が鳴って、下校途中の子どもたちが「キャーッ」と叫びながら走って行きます。何か、微笑ましいですね。先ほど夫と次女をつれて区役所へ行き、参議院選挙の期日前投票を済ませてきました。雨の合間で良かったです。今月の月例課題は、久々に仮名です。いきなり書くのもアレなので(どれ?)まずは練習から。別名・リハビリ、とも。競書誌の別のページに「初歩から学べるかな書道」というコーナーがありまし...

  •  16
  •  0

見るべきもの〈その2〉

No image

「見るべきもの」という記事をアップしたのは、去年のことだった。あれからまだ1年もたっていないのに、もう随分昔のことのように感じる。最後にこう書いた。政治に携わる人たちの目には私達が人間として映っているのだろうか、と疑問に思うことがしばしばある。国民は数字でもなければ、将棋の駒でもない。ひとりひとりが呼吸をし、食事をし、家庭を持ち、笑い、泣き、生きている。そんな想像力が少しでも働けば、今の日本のよう...

  •  18
  •  0

「真草千字文」 261-264

競書誌が早めに来ちゃったので、後回しになりましたが、「真草千字文」続きです。だいぶゴールが近づいてきました。とは言ってもまだまだ400字余りあります。だいたい一日四枚ペースで、書き上げた後はかなり疲労困憊してます。焦らず根気よく続けて行きたいと思います。「凌摩絳霄。耽讀翫市。寓目嚢箱。」~絳霄(こうしょう)を凌摩(りょうま)す。耽讀して市に翫(もてあそ)び、目を嚢箱(のうしょう)に寓(よ)す。~「嚢...

  •  2
  •  0

競書誌7月号来ました

夕方から本降りになりました。明日も雨のようです。今月はいつもより早く、競書誌が届きました。誌上コンは「自叙帖」の臨書と呉譲之の倣書で、自由奔放な「自叙帖」と垂直・水平・左右対称の篆書と、書風の全く違う課題でギリギリまで悩まされましたが、結果は二席と佳作。今回も、例によってどちらがどちらかわかりませんが、多分「自叙帖」が二席でしょう。篆書はそこまで書き込めていません。ただ篆書向けの筆が手元にありまし...

  •  6
  •  0