FC2ブログ

archive: 2013年06月  1/2

競書誌 7月号来ました

バレエの仕事もいよいよ大詰め。名簿とファイル番号をつきあわせながら、500点以上の画像の中から生徒さんたち出演者142名の顔写真をピックアップ。いちいちをグレースケールにモード変更し解像度を印刷用に変えてトリミングして……という作業に、肩がこりこりです。以前はうちで撮影してプリントをスキャンしていましたから、それを思えば楽にはなっているんですけどね。プログラムの最終校正を出しぼ~っと惚けていたら、7月号が...

  •  7
  •  0

ネジバナ情報

商工センターへ行きました。草津沼田道路の終点、商工センター2-17信号付近の中央分離帯に、ネジバナが群生しています。実にローカルな話題ですみません。<(_ _)>とは言え、ひょいと車を置いて見に行くような場所でもないので、いつも通り過ぎるだけですが、いざとなれば突き当たりの7-11に停めて、横断歩道を渡って行けばたどりつけるかもしれません。シャベルと栽培ポットを持って来ようかな~と思いながら、印刷屋さんに...

  •  16
  •  0

「松風閣詩巻」1-5

今回の昇級試験の課題を書くために、集字をしたのが黄庭堅の「松風閣詩巻」でした。格調の高い書風に「いつか臨書してみたい」と思わせてくれていた古典です。というわけで久々の臨書。「蜀素帖」はほったらかしのままですが、何も書かないよりはいいでしょう。( ̄ー ̄; 黄庭堅(1045年~1105年)中国北宋時代の書家、詩人、文学者である。洪州分寧(現在の江西省修水県)の人。字は魯直(ろちょく)、号は山谷道人(さんこくどう...

  •  4
  •  0

アレイからすこじま

呉には、国内で唯一、現役の潜水艦を間近で見られる公園があります。それが「アレイからすこじま」。「大和ミュージアム」から「入船山公園」の横を通り、海上自衛隊呉地方統監部を過ぎ、石川島播磨の大きな造船ドックを横目に見ながらゆるやかに坂を下っていくと、海上自衛隊の護衛艦や潜水艦が錨をおろしている姿が見えて来ます。今日はこの1隻だけでしたが、多い時には4、5隻が繋留されていたりします。「むろと」と読めます...

  •  14
  •  0

昇級試験

昇級試験の受験料を振り込んで、課題を投函して来ました。毎度のことながら、もうちょっと何とかならんかったかな~~~~という反省。◎規定漢字部門/「心源日間細」(宋之問)(心源日に間細)~心の奥底まで日々閑静であれば、細微なところにまで気がつくようになる~黄庭堅に倣ってみましたが、どうにも布置のバランスがとりにくい五文字でした。三文字目が大きいと座りがいいんですが、「日」なので、悩む悩む……(ー'`ー;)...

  •  6
  •  0