FC2ブログ

11月号 半紙臨書課題「書譜」 & 半紙月例課題

先日、「以前イラストマップを描いた時には…」などという話を書いた直後に、お客さんから「イラストマップって描けます~?」という電話があり、「はあ、一応」と受けたヤツを、昨日の3時頃までかかってようやく仕上げました。休日なのに……。

これって手書きだから、修正しろと言われたら真っ青なんですけど。

一発でスキャンできるようにA4判で仕上げましたが、手書きで書ける小さい字には限界があるな~と思い知った次第。0.05mmのペンでもまだ太い。(ノ_・、)
実際はこれをどのくらいの大きさで使うんだろうと思うと……ああ、考えたくないな~。

夜は少し時間が出来たので、課題を書いてみました。


半紙臨書課題は
孫過庭「書譜」より「思逸神超」
~思いは逸し神(こころ)は超ゆ~
(思想が優れ、また精神も超越している)
「逸」字は、一部欠損。
「超」字は、作者が書き間違えたのを上から修正したのか、重ね書き。
相変わらずややこしい部分を拾ってくれています。

お手本の筆遣いが、原帖と随分違うような気がしますが、とりあえずお手本の方に倣ってみることにしましょう。



原帖を見ても、「神」字のような思い切りよく引き下ろす縦画が随所に見られます。得意なんでしょうね。起筆から一気に運ぶその勢いが出せるまで、頑張って書き込まないと。「召」の左払いとか。まだまだ線がへなちょこです。

もうひとつの半紙月例課題は、王鐸の書風に倣った
「雲深不知處」~雲深くして、処を知らず~(雲が深いので何処に居るか分かりません)



いささか墨を含ませ過ぎました。もう少し線をスッキリと、潤渇の変化を出したいところです。
今月はこのあたりからスタートです。


Wiki文法の方がスッキリするんだけど、画像にリンクが貼れない。
Yahoo!さん、「かんたんモード」、もうすこし何とかなりませんか?
スポンサーサイト



11 Comments

莉央  

No title

おはようございます。

ちえしゃさんは通信だけでここまでになられたんですか?
自分がどれだけ練習するかということなんですね。
遅いスタートですが こつこつがんばりたいです。

2011/11/04 (Fri) 07:43 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

莉央さん、おはようございます。

今は特に通信講座は受講していませんが、2冊の競書誌を中心に学習しています。

個人的には、1年以上かけて智永の「真草千字文」を全臨したのが大きな力になったかと思います。「集字聖教序」は何もわからないままに「とにかく終えた」という感じのみですが、「千字文」は得るものが多かったですね。

お教室と並行して、お好きな古典や書いてみたいと思われる古典を、少しずつ臨書されてはいかがでしょう。
今は「孔子廟堂碑」の臨書が目標なんですけど、これがなかなか……https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s319.gif">
時々書いてみますが、まだまだ歯が立ちません。

2011/11/04 (Fri) 11:21 | EDIT | REPLY |   

莉央  

No title

ちえしゃ猫さん

ありがとうございます。
臨書ですね。
真草千字文は お好きだから臨書されたのですか?
臨書する書を選ぶ基準はなんでしょうか?
なんでもお聞きしてすいません。
よかったら教えてください。

2011/11/04 (Fri) 19:55 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

「千字文」は、そもそもが漢字を学ぶために作られたものだ、ということがひとつ。
たくさんの「千字文」がありますが、その中で智永を選んだのは、「孔子廟堂碑」を書いた虞世南の師だったからなんです。
いきなり「孔子廟堂碑」は難しいけど、お師匠さんから学べばとっかかりが掴めるかな~という期待でしたが、そう簡単に都合良くはいきませんねえ。
(*゜.゜)ゞポリポリ
「真草千字文」は真書と草書の二つの書体で書かれていますから、合計二千字あります。真書は行意のある楷書なので、〈楷書苦手~〉な私でも抵抗なく続けられました。

スタンダードなものでは、楷書なら「九成宮禮泉銘」、行書でしたら「蘭亭序」や「集字聖教序」、草書なら「書譜」あたりでしょうか。
また、二玄社や天来書院からたくさんテキストが出されていますから、手に取って「いいな~」と思われた古典を選ばれるのもいいかもしれませんね。

2011/11/04 (Fri) 21:11 | EDIT | REPLY |   

莉央  

No title

おはようございます。

ご親切に教えていただいてありがとうございます。
なにかひとつ臨書を始めたいと思います。
ちえしゃ猫さんはこつこつ努力されてるんですね。
でも その努力を楽しんでやっておられるような気がします。
私も今 高い山を前にして どうやって登ってやろうか
ワクワクしている感じがします。
どんなに大変かも知らずにね。
でもなんだかとっても楽しみです。

2011/11/05 (Sat) 07:30 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

お教室の先生にご相談されてもいいかもしれません。
きっといい古典を選んで下さるのではないかしら。

古典に向き合うと、昔の有名な書家の筆遣いや息づかいまで見えて来るようで楽しいですよ。時には、上から書き直されている部分もあったりして、くすっと笑ってしまいます。
紙が貴重な時代は、私のように間違えたら ( ̄  ̄ )ノ” ⌒* ポイッ! なんてできなかったのでしょうね。

楽しんで下さい。

2011/11/05 (Sat) 11:27 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

そうそう、ファン限定の「書跡名品叢刊」貸出書庫を作っていますので、よろしかったらご活用ください。

2011/11/05 (Sat) 11:31 | EDIT | REPLY |   

金太郎  

No title

猫さん こんにちは。

小生にはこれらが漢字であることは解るのですか、意味が全然解りません。
ちなみに2番目の習字は「雲(霧かな?)が深くて自分がどこにいるのか分からない」と言うような意味でしょうか??

今月23日から5日間、台湾をさまよって来ます。 周り中漢字の世界にドップリ浸かってきます。

2011/11/05 (Sat) 14:40 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

金太郎さん、こんにちは。

2枚目の方は前後の文脈から
「自分の師が薬草を取りに山に入ったんだけど、雲が深くてどこに居られるんだかさっぱりわかんないね~」
みたいな意味らしいです。
「書譜」は書論でもあるので、意味が分かればもっと面白いんだろうな、と思います。今持っているテキストに口語訳がついているので読まなくちゃ。

23日からですか。いいですね。
またあちらの写真をご紹介くださいね。楽しみにしています。

2011/11/05 (Sat) 15:05 | EDIT | REPLY |   

莉央  

No title

ちえしゃ猫さん

ありがとうございます。
臨書始めてみたいと思います。
その折には お貸しください とお願いするかもしれません。
よろしくおねがいします。

2011/11/06 (Sun) 15:33 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

はい~。こちらこそ~。

2011/11/06 (Sun) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Post a comment