FC2ブログ

格差是正と定数削減は抱き合わせるべきではない

通常国会:「身を切る」のは定数か

 岐路の国会が始まる。国の方向性、さらには政党政治そのものの岐路にもなりそうな国会だ。
 野田佳彦首相は、税と社会保障の一体改革に「政治生命を懸ける」という。確かに欧州の債務危機は対岸の火事ではない。解決は時間との闘いでもある。国民に増税を求める前提として、当然にも「身を切る改革」が必要だろう。
 しかし、その具体策がなぜ衆院比例代表だけの定数80削減なのか。選挙制度の変更は、代議制民主主義の形を変える。つまり国家全体でどんな政治を目指すかという議論を経た上で、議員定数や配分方式が決まるはずなのに、首相や民主党は手っ取り早く身を切る姿勢を見せるのに比例代表を選んでいる。
 国会の恒常的な衆参ねじれ、政治の停滞は、90年代の政治改革が参院のあり方を度外視して衆院のみの選挙制度改革に偏ったため、というのが歴史の教訓だろう。衆参の権限はほぼ対等であり、衆院に「政権交代可能」な小選挙区制を導入するなら、参院の改革も一体で実施すべきだった。
 衆院に定数180の比例代表があるのは、激変緩和と中小政党への配慮だ。もし、民主案に沿って衆院比例だけの定数削減を実施したら、ねじれによる国政のゆがみは一層深刻になる。
 そもそも日本の国会議員数は外国と比べて多いわけではない。国立国会図書館の集計によると、英国の下院議員(定数650)1人当たりの人口は約9万5000人。欧州の下院はほぼ10万人前後で、日本の衆院議員(1人当たり26万4704人)の半分以下だ。
 議員歳費や定額経費の合計は1人年間約4000万円だ。公設秘書の給与を合わせると80人削減の財源効果は50億円くらいだろう。一方で共産党を除く各党は国庫から年間約320億円もの交付金を受けている。
 吟味不足の定数削減を振りかざして選挙制度をいびつにするよりも、各党が交付金と歳費の1割でも2割でもカットする方が「身を切る」姿勢としてよほど理にかなっている。今国会での制度改革は、衆院小選挙区の「1票の格差」是正にとどめるべきだ。
 定数問題がこじれると消費税論議も不健全になる。重要な国会だからこそ、民主主義のルールを安易に取引してはならない。
(毎日新聞 政治部長・古賀攻 2012年1月24日 東京朝刊)

今のところ、この論調が一番しっくり来る。
ヤフコメを読んでいると「議員数を半減しろ」「参議院は不要」「比例代表はいらない」「歳費を全額返上しろ」とかなりメチャクチャな論調が目立つ。
その根拠はほとんどが「仕事をしない、役に立たない国会議員を税金で養う必要がない」というものだが、最近つくづく思うのは、政治家ほど報われない職業もないのではないかということだ。

無論、国を背負って立つ覚悟も気概も能力もない輩が、先代の地盤に押されて政治家然としている場合も否定はできないが、今回の大震災で、それこそ地を這うように現地を調査し、地元地方議員の声を吸い上げ、国の政策に反映させるために働いた議員がたくさんいることも、報道こそされないが事実である。復興庁の設置、復興特区の発想、二重ローン対策等々、すべて前政権の自公両党が、早々にプランを練り上げ、現政権のお尻を叩いて作らせたものだ。政権交代がなければ、もっと早く復興へと動き出せたと思う。
マスコミが煽り上げた「政権交代の風」に吹かれ、大量に生まれた経験のない素人議員しか擁しない民主党は、原発対策に手一杯で、復興への政策立案能力も実行力もなかった。

確かに有権者の「一票の格差」是正は重要な課題である。ただ、これは現状のように都道府県にまず議席を配分する基礎配分方式(1人別枠方式)を取っている限り、人口の多い都道府県の議席を見合うだけ増やさなければ解消できない。人口の少ない地域は行政区画に融通性を持たせ2~3県で1名等と変えて行く必要があると思う。それはまた道州制にも繋がって行く発想かもしれない。
綿密な計算と配慮と、充分な議論が必要である。

今回民主党が樽床私案として持ち出して来たのが、格差解消のための「小選挙区0増5減」案だが、いささか乱暴なのが議員定数削減のための「比例代表定数80減」である。とりあえずこれで次の選挙を行い、選挙制度の抜本改革は次々回の衆院選から適用するというものだ。
自民・民主以外の、小選挙区ではなかなか議席獲得が見込めない各党から反対の声が上がるのを承知でこういう案を提示するのは、解散前に「野党の反対で議員定数の削減ができなかった」という印象を有権者に与えるためではないのかと疑っている。真っ先に削減されるべきは、役に立たない与党の素人議員のはずだが、支持率失墜の結果を最小限に抑えるために、あくまで自分たちが不利にならないよう策を弄しているにすぎない。

今、ここで思い出そう。有権者が政権交代のムードに流されて、多くのベテラン議員の代わりに経験のない素人を当選させてしまった結果、震災対応の全てが滞り後手後手に回ってしまったことを。
消費税増税への反動から、仕事をしている政治家まで安直に切り捨ててはならない。
また、一方で新しい議員を時間をかけて育てていく必要もある。そのバランスが大事なのだ。
今の国会議員数が決して多いとは思わない。

「身を切る」と言うのなら、定数削減よりも議員歳費のカット、政党助成金の見直しから始めるべきだ。そもそも企業からの献金を廃止するために、政党助成金制度を作ったのではないか。
それを懐に入れながら企業献金も否定しないのならば、もはや必要のない制度であり、即刻なくすべきである。そういう方向に対する姿勢を見れば、行政改革に本気で取り組む気があるのか、単なるポーズに過ぎないのかがはっきり見えて来るはずだ。
比例代表定数削減に反対することをもって「政治家の保身」だと決めつけてしまうのは、あまりにお粗末ではないか。比例代表で与えられる議席も、紛れもなく「国民の声」であるからだ。

(2月24日追記)
元記事が削除されてて、リンクが切れてますね。↓キャッシュ



http://widget.blogram.jp/images/bgButton2_bla.gif
スポンサーサイト



7 Comments

-  

No title

あまり政治については語りたくないのですが・・・。

「舵の無い難破船」の「日本丸」は何処へいくのでしょうかねぇ。
「違憲状態」の放置…「司法」を馬鹿にしている。
「税と社会保障の一体改革」は頓挫し、「消費税増税」がまた独り歩き。
公務員の身は切るが、政治家の身は切らない。
日本は、「国会議員団体独裁国家」なのか。

2012/02/24 (Fri) 11:21 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

れいぎんさん、こんばんは。
今の現状は、確たる意識も持たず、シニカルを気取ってきちんと政治と向き合って来なかった有権者が、ムードに流されて投票行動に走った結果です。
「政治なんて誰がやっても同じ」
街頭インタビューで聞かれるお決まりの答えですが、同じではなかったことをイヤというほど思い知らされたはず。

おっしゃるように、「政治家は自分の身は切らない」と良く言われますが、震災後国会議員の歳費は半年間3割カットされていましたね。このたびの予算に当たって、恒常的に歳費を2割削減する動きが出ています。
日本のマスコミは「公平・中立」を楯に、いいことをしても決して褒めません。
批判ばかりが並ぶ紙面を見て、どうして厭世観を抱かずにいられるでしょう。

善行には「裏に何かあるに違いない」と勘ぐり、失敗はここぞとばかり叩く。
褒めない社会。育てない社会。期待を抱かせない社会。
その集大成が、今の世の中ではないでしょうか。

有権者は、ただのノンポリを「無党派層」などと呼ばれて安心していてはいけません。自分で情報を拾い見比べながら、自分で判断することを忘れずにいたいと思います

2012/02/24 (Fri) 23:42 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

この記事を読みたくていたのですが
少々 ただ今大陸におらず ちとおくれますた!ごめんなさい。

そうですね。この内容はまさに今 学校の先生に就職するぐらい
難しいわりに 報われない(場合もある)モンスターがいれば
避難の的にもなる、結局 タフな人か腹黒い人 上手く泳げる人で
ないと耐えれない という結果になってしまいます。
あーだこーだ 言い過ぎるのもどうだか。
それでは 人間も育たないと思います。

でも僕のブログでのコメントは酷いですよね!
ありゃないですよ。ほんと 疲れます。。。。

2012/02/25 (Sat) 00:21 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

とろんさん、今の政権を見ていると、「恥ずかしい」とかいう気持ちを持ったら勤まらないのではないかという気すらして来ます。しれっとスルーできる神経の太さは見事としか言いようがありません。

財務大臣が、消費税増税分を価格に転嫁できない下請けや小売店への対策を述べるのを聞き、何を言っているのか、すぐには理解できませんでした。この生活の実感を伴わない言葉は何なのだろうと思います。
知らないことは想像すらできないんですね。
庶民の生活に根ざさない政治家の言葉は空しいです。

2012/02/25 (Sat) 02:08 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

↓続きです。

前の記事に書かれたコメントですね。読ませていただきました。
では、ご自分は、その「何たるか」をどれだけ理解されていると?と思いましたが。

夜郎自大な方は、どこにでもいらっしゃると言うことで。
このへんは、そーり大臣を見習って、神経太くスルーされるのが一番かと。

2012/02/25 (Sat) 02:15 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

ごめんなさい。この最新リコメ見逃していました。

私は正直『なんたるか』は良く分かっていないと思います。
漠然と 楽しいから上手になりたいから かいていると思います。
まだ30代なので ちぇしゃ猫様のように もう少し年齢がいくと(あ!失礼な意味ではないですよ!)違う見解になるんかな?とは思ってます。毎日が試行錯誤です。
ただ 結論があるのかどうかも謎でだれに聞いても本を読んでも
これだ!というものがまだ見当たらなく よくわからない持論と
なっているのは言う迄もありません。
まあ それも個性と言えば其れ迄ですしそこに執着するのも
だんだんしんどくなってきてます。

今回の追加記事に関しては
私も記事にする程ではないかと思いましたが 他人ブログで
どーのこーの言われたので、少々熱くなりました。

もう少し 文章表現が出来れば良いのですが3流学校なもんで
この程度でユルシテくださりませ。

2012/02/26 (Sun) 23:33 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

とろんさん
くだんの方が書かれていた「達磨絵の何たるか」などというものがあるのかどうかさえ、私は疑問です。
「楽しいから」「上手くなりたいから」。それでいいと思いますよ。

逆に、生半可な知識を振りかざして偉そうなことを書く人に、ではどれだけ真剣に向き合っているのか、その姿勢について、努力について、私は聞いてみたいんですよねえ。
裏付けのある方は、少ないです。

書くことが、または描くことが楽しい。
これは実は、とても素晴らしいことなのですよ。

2012/02/28 (Tue) 14:00 | EDIT | REPLY |   

Post a comment