FC2ブログ

67年目の8月6日



明日は原爆忌。
平和公園は数日前からテントの設営を終えました。
降りそそぐ蝉の声と暑い陽射し。広島の街が平和への祈りに包まれる一日となります。

http://widget.blogram.jp/images/bgButton2_bla.gif
スポンサーサイト



14 Comments

馬太郎  

No title

原爆で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
当時の方々が、もうほとんどいなくなってしまった今、
将来に向けて語り継いでいくのは日本人の使命だと思いますね。

2012/08/05 (Sun) 23:36 | EDIT | REPLY |   

チサト  

No title

そうでした! 何だか 風化していってると思うのは 私だけ?
『原爆』 そのものを 知らない世代が 多くなりましたもの。
でも、この日を忘れる事がないよう 語り継いでいかないとね・・・

2012/08/05 (Sun) 23:44 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

馬太郎さん、こんばんは。
おっしゃる通りですね。次の世代がどう語り継いで行くかが、残された者の責任です。
去年も書いたような気がしますが、自分が今ここにいることが大事なのだと思います。8月6日の「ヒロシマ」を出来うる限りお伝えしたいと思っています。

2012/08/06 (Mon) 03:17 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

あづみさん、こんばんは。
広島の子どもたちですら、原爆が投下された日時を正確に知らないという子が増えて来ているそうです。
核兵器を持つべしという核抑止論者も、その前提は、実際に核を頭上に落とされた方々の被爆体験があってこそ成り立ちます。
核戦争を押しとどめているのは、14万人の無辜の庶民の命だとも言えるでしょう。
核兵器の残酷さを語り継いで行くのは、広島と長崎に住む者の責任だと思います。

今年は福島県の相馬市長も来賓として来広されるそうです。
福島の原発事故もまだまだ終わっていません。
長い困難な道のりだと思いますが、頑張ってほしいですね

2012/08/06 (Mon) 03:26 | EDIT | REPLY |   

ひやく  

No title

小学校の先生が両親を長崎で亡くし原爆の恐ろしさ教えてもらっていましたが、原発も同じとは
原子力への教育 見直さないと駄目でしょうね。

2012/08/06 (Mon) 07:59 | EDIT | REPLY |   

はるのの  

No title

今朝、式典が開かれている様子が放映されていました。
私も黙祷しました。 67年前、こんなに朝早く、爆弾が落ちてきたのですね。その日は、学校に行っている子供たちや家の掃除をしているお母さんたち、会社について、いまから「さあ仕事しよう」と気合をいれていたお父さんたち、店頭に品物を並べていた八百屋さんなど、街のなにげないいつもの風景が一瞬に無くなったのは、どんなに・・・・・・・・・・
つらくて言葉が出ません。
載せていただいた平和公園の写真を私はいつまでも見ていました。

2012/08/06 (Mon) 11:11 | EDIT | REPLY |   

横浜住民  

No title

われわれ凡人がオリンピック観戦に現を抜かしている中、絵 1枚で問題提起する
いつもながらのディレクション能力に感服。原爆と原発は違うものと教えられてきた日本人に 今 警鐘が絶対必要ですよね。

2012/08/06 (Mon) 13:01 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

こんばんは(v.v)
一足早く夏休みを取得して、例によってまたあちこちブラブラしてる身ですA(^^;


広島の惨劇とは比べるまでもないのですが、折しも先日、やはり戦時下の「悲劇」のスポットに遭遇してきました。
http://sefpmaru.blog42.fc2.com/blog-entry-769.html

あれから70年近く、日本の政治や体質は、少しは進歩したのでしょうか・・・

2012/08/06 (Mon) 21:59 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

尾道の親戚のおじいちゃんが兵隊でしてね
投下跡の街の清掃をした話を聞きました。
昨年亡くなりましたが 今でもその話を思い出してなりません。

2012/08/06 (Mon) 22:21 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

ひやくさん、おはようございます。
万が一の場合にコントロールができないのであれば、それは決して安全だとは言えません。例えその「万が一」がなかったとしても、廃棄物の処理方法が確立できていないのですから、「最後はどこかへ持って行って埋めてもらえばいいさ」と言うのなら、山の中に粗大ゴミを捨てて帰る不届きものとどこが違うのでしょう。
ただ、代替エネルギーがまだ不安定な現在、「今停めろ、全部停めろ」という強硬論も現実的だとは思えません。緩やかにかつ早急に移行できる体制を望みます。

2012/08/07 (Tue) 09:24 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

春の野さん、おはようございます。
私もテレビを見ていましたが、松井市長の平和宣言は良かったですね。
去年、市長として初めての平和宣言には、公募した被爆者の方々の体験を折り込まれましたが、今年も3人の方の声を取り上げられました。
実際の体験だけに、ずっしりと心に届き、涙が出ます。
人の生の声よりも強いものはない、と改めて思いました。
被爆された方々の高齢化が深刻になっている今、伝え続けることの大切さを感じますね。

2012/08/07 (Tue) 09:44 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

広島住民さん、おはようございます。
6日は忘れてはいけない特別な日ですから。

式典には、昨年に引き続きアメリカの駐日大使が参列しました。
ルース駐日大使は、大統領にも参加を進言されていると聞きますし、原爆投下国のトップが広島と長崎を訪問する日が来るのも現実味を帯びて来ました。
今後、核軍縮のためのさまざまな会議が広島で開催されると聞いています。
広島に住む者として自分に何が出来るかを、常に忘れずに自分に問うていきたいと思っています。

2012/08/07 (Tue) 09:52 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

まるさん、おはようございます。
悲しいことですが、為政者の意識はあまり変わっていないように思いますね。

国民も「してもらう」ことばかり求め過ぎていないでしょうか?
政治を変えるためには、自分が政治に、あるいは政治家を育てることに積極的に関わって行く必要があると思うのですが。
この国は、ノンポリが大手を振って歩き過ぎです。

2012/08/07 (Tue) 10:16 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

泥舟さん、おはようございます。
おじいさま、二次被曝はされなかったのでしょうか?
広島が驚くような速さで復興できたのは、人々が放射能の怖さを充分に知らなかったからだろうと、夫と話していたんですよね。
早く立ち上がることはできたけれど、それによる犠牲も大きかったと思います。

「黒い雨」にしても、小説にもなり体内被曝をもたらすことは常識だと思っていましたが、いまだに黒い雨を浴びても被爆者として認定されず、ご苦労されている方々もいらっしゃると知り、驚いています。
67年経ってもまだまだ問題を引きずっているんですね。

2012/08/07 (Tue) 10:23 | EDIT | REPLY |   

Post a comment