FC2ブログ

3月号 半紙臨書課題「蘭亭序」 & 半紙月例課題

珍しいことに、本業の方も内職の方も小休止。
ヒマだと困るんですが、2月に締められなかった仕事が3月に回るので、数字的には「まあ、いいか」と。
久しぶりに課題の練習時間がとれるので嬉しいです。

今月の課題は、王羲之「蘭亭序」から「天朗気清 恵風和暢」
(空は晴れ、大気は澄み、恵みの風はやわらかに吹きわたっている)
非常にポピュラーな部分ですが、今回は半紙に八字といつもの課題より小字になっています。




こうして原帖と自分の書いたものを並べてみると、どこを直すべきかよくわかりますね~~。( ̄ー ̄;

原帖はひとつひとつがもっと前傾姿勢。いつでもスタートを切れる短距離走者のような緊張感と絶妙なバランス。このバランス感覚が王羲之の本領だと思います。
自分の中にある固定観念を払拭して臨まないと、なかなかたどり着けません。

半紙月例課題は、「曹全碑」に倣った「臨水知魚樂」。~水に臨んで魚の楽しみを知る~
(水辺にたたずみ、魚の楽しそうな泳ぎに見入る)



破磔がね~~~~。( ̄▽ ̄;)!! 頑張ろ。_...........φ(。。;)

http://widget.blogram.jp/images/bgButton2_bla.gif
スポンサーサイト



2 Comments

-  

No title

半紙に8文字は書いた事無いので分かりませんが
筆そのものが小さいんでしょうかね。
(会派によって違う様ですねえ。)

2013/03/14 (Thu) 00:01 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

泥舟さん、こんばんは。
そうですね。いつもより少し細い筆を使っています。5号くらいでしょうか。
うちは1級と2級の課題が半紙に8字でした。2文字増えるだけなのに、随分手こずったのを覚えています。
ということは、その時からあまり成長していないのですね~( _

2013/03/16 (Sat) 01:29 | EDIT | REPLY |   

Post a comment