FC2ブログ

「核の不使用」賛同せず

順調な株高円安と、このところ絶好調の安倍政権であるが、このところ自分の中に生まれつつある違和感を否定することができない。「我が国独自の伝統・文化」という言葉に置き換えられ正当化されようとしている、なんとなく「イヤな感じ」。
国会の答弁を聞きながら「それは違う」と思うことが何度かある。
民主党に比べれば、自民党に政権担当能力があることは認めるが、いまいち手放しで支持できない理由がこれだ。

そんな中、こんなニュースを見た。

「核の不使用」声明、日本は賛同せず  TBS系(JNN) 4月25日(木)19時13分配信

ジュネーブで開催されているNPT=核拡散防止条約再検討会議のための準備委員会で、核の不使用をうたった共同声明が発表されました。唯一の被爆国である日本は、この声明に賛同しませんでした。

共同声明は24日、南アフリカが提出したもので、「いかなる状況下でも核兵器が再び使用されないことが人類の共存のためになる」とうたわれています。70か国以上がこの声明に賛同したということですが、唯一の被爆国である日本は、賛同しませんでした。

開幕前、日本に対し、スイスが賛同を求めましたが、日本は回答を留保。一方で、「いかなる状況下でも」の文言を削るよう求めたということです。

「今回この部分が日本の安全保障の状況を考えたときにふさわしい表現かどうか、慎重に検討した結果、賛同することを見送った」(菅義偉官房長官)

菅官房長官は、核兵器の使用が将来にわたり耐えがたい損害をもたらすという声明の基本的な考え方を支持しつつも、賛同しなかった理由として「我が国を取り巻く厳しい安全保障の状況」を強調しました。アメリカのいわゆる「核の傘」への影響や、北朝鮮の核開発問題などを懸念したものと見られます。

一方、日本が声明に賛同しなかったことについて、広島の松井市長は、「核兵器は『絶対悪』であると訴え続けてきた広島とすれば、到底納得できるものではない」とのコメントを出しました。また、長崎の被爆者団体は、次のように述べています。

「(声明に)書いてある内容は至極もっともなことだけなんです。ちょっと理解できない、政府の対応というのは。本当に腹が立ちました」(長崎被災協 山田拓民事務局長)

山田氏はこのように述べた上で、日本政府の今後の動きについても懸念を示しました。(25日17:39)

最終更新:4月26日(金)0時12分


これを「現実路線」と評価する向きもあるが、忘れてはならない前提は「日本は核兵器を持っていない」ということである。自国で持たない核兵器を「使用しない」ことに賛同できないということは、他国が他国に対して使用することを容認するということだ。

核兵器の悲惨さを知る日本が、他国の人間の上に再び閃光を放つ可能性を「仕方ないよね」と黙認していいのだろうか。

広島の原爆死没者慰霊碑には「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」との碑文が刻まれているのはご承知のことと思う。頭の悪い右寄りの人間が「日本が過ちを犯したかのような文が気に入らない」と、何度となく慰霊碑にペンキをかける事件が続いているが、実に底が浅い。

この文の真意について広島市は
「碑文の趣旨は、原爆の犠牲者は、単に一国・一民族の犠牲者ではなく、人類全体の平和のいしずえとなって祀られており、その原爆の犠牲者に対して反核の平和を誓うのは、全世界の人々でなくてはならないというものです。つまり、碑文の中の「過ち」とは一個人や一国の行為を指すものではなく、人類全体が犯した戦争や核兵器使用などを指しています。
碑が完成した昭和27年(1952年)から今日まで、碑文は被爆者や広島市民だけではなく核兵器廃絶と世界平和実現を求める全世界の人々にとって祈りと誓いの原点であり続けています。」

という見解を表明している。
「自分たち以外の誰にも、このような苦しみを味わってほしくない」というのが被爆者の願いである。
唯一の被爆国である日本の政権を担う人たちが、その思いを理解せずしてどうするのだろう。
「絶対平和という共同幻想」と言い切った安倍総理だが、唯一の被爆国である日本こそが,例え幻想と言われようとも、理想を掲げて非核化への先頭を走る権利がある。

理想を掲げることをやめた「現実路線」はどこへ向かっているのだろうか?
私には、その目的地がとても胡散臭いものに思えてならない。

私達が昨年の選挙で自民党に任せたのは、まずは経済の再生であったはずだ。
憲法改正だの靖国問題だのは、また別の話である。
不景気対策のどさくさに紛れて一気に突破しようとするのは、いささか乱暴ではないだろうか。

http://widget.blogram.jp/images/bgButton2_bla.gif
スポンサーサイト



5 Comments

仙人ー旅先案内人  

No title

FBにも書きましたがこれで現政権の化けの皮が剥がれました。もう経済が立ち直ってきたらこの政権は支持しない。国交相は頑張っていますがこんな政権の一翼を担って欲しくはない!!これから書きますが憲法改正以前に公職選挙法の改正を求めたい。また福島第一がまだ解決していないのに他の原発を稼動しようとしているそんな動きも監視せねばいけない。これで現政権の支持は下がるでしょう。安定と長いものに巻かれるのとは違う!

2013/04/26 (Fri) 09:54 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

7:55のナイショさん、コメントありがとうございます。
日本がアメリカを慮っていることは、おっしゃる通り明らかですね。
今、日本政府の念頭にあるのは、北朝鮮の核開発への対抗手段なのでしょう。
でも、「いかなる状況下でも核兵器を使用しない」ことに賛同できないということは、例えば日本のためにアメリカが核兵器を使用することはやむなしと、核の洗礼を受けた日本自身が捉えているということになります。

アメリカが日韓のために核兵器を使うかどうか。私は有り得ないと思います。
自国が攻撃をされたのならいざ知らず、核兵器を使うということには、使用した国にも大きなリスクが伴いますから。何より、アメリカの大統領自らが「核兵器削減」を唱えることでノーベル平和賞を受賞していましたね。

2013/04/26 (Fri) 14:45 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

この選定基準もどうかと思いますが、日本は日本で堂々と胸を張って主張すればいいのです。核の抑止力と言う言葉がありますが、私は逆に核を持たないことを明確にすることで生まれる抑止力も存在すると思うのです。
剣を突きつけ合って動けない状態など、何の意味もない。そこには、相手への不信感しかないからです。
それを打開する方向へ向かうべく、日本は努力する使命があるのではないでしょうか。

2013/04/26 (Fri) 14:46 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

仙人さん、コメントありがとうございます。
私も現在の小選挙区制のままでは、憲法改正論議をしてほしくないと思っています。
しかも、まず憲法を変えやすいように96条改正を先行させるなんて、危なっかしくて任せられません。96条とは、憲法をそうそう簡単に変えることができないように、わざわざ設けられているのではないでしょうか。
順序が逆なんですよね。まず「現行憲法のここに問題があるのでこう変えたい」という国民的な議論を尽くす必要があります。そこで堂々と三分の二の議席を獲得すればいいのです。それがなかなかできそうもないから、小選挙区制で得票数以上に議席数を獲得できるうちに片をつけてしまおうと考えているのが、見え見えです。
便乗した維新の会の胡散臭さもここに極まっています。

本当に「イヤな感じ」が漂っていますね。

2013/04/26 (Fri) 21:41 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

私達は、今の状況に対処できる政党はどこかということを基準に「よりマシ」と思われるところを選んでいると思います。
選挙に勝ったから、そのマニフェスト全てを了承しているかと言えば、そうではないでしょう。ひとつの大きな課題の陰で「これも公約にうたったから信任された」と捉えられるのだとしたら、「それはちょっと待てよ」といいたい気分です。

2013/04/26 (Fri) 21:43 | EDIT | REPLY |   

Post a comment