FC2ブログ

仕掛け絵本

だいぶ前に次女が友だちからもらった本ですが、家を出る時に「お母さんの方が好きそうだからあげる」と置いて行きました。



「紙の魔術師」と呼ばれるロバート・サブダ氏の「不思議の国のアリス」です。



どのページもとてもダイナミックなので、どんな仕掛けになっているのだろうと、開いたページをぐるぐる回したり、上から見たり下からのぞいたり。



見開きの各ページに折り込まれた小さなページの一つ一つにも、きちんと仕掛けが施されていて、大人でも楽しめます。



折り畳まれた蛇腹を伸ばして上からのぞくと、穴の中に落ちて行くアリスがいました。

イラスト自体はテニエルの挿絵には及びませんが、箔押しで金属の質感を出したり、動物の毛の部分はフェルトのようなモコモコした手触りで、触っても楽しい工夫がなされています。

何より、こんな複雑な仕掛けが、パッと開いてパッと閉じるのが素晴らしい。
作者の頭の構造はどうなっているのでしょう。仕掛け絵本の傑作とされるのも納得の一冊です。

ロバート・サブダ/作 わく はじめ/訳
大日本絵画/発行
定価/4,000円(税別)

スポンサーサイト



8 Comments

*+*+*m@co*+*+*  

No title

わぁ(@^▽^@)ワクワクしますね。 一体、どういう構造なんでしょう。 バースデーカードとかも有りますね。

2015/12/28 (Mon) 09:23 | EDIT | REPLY |   

capitobene  

No title

アリスの顔が怖いです(笑)
チェシャ猫はどんな感じですか?

2015/12/28 (Mon) 12:52 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

macoさん、こんにちは。

不思議ですよね~~。
以前、紀伊国屋書店に見本があったんですが、その時にはすでにあちこち壊れてました(笑)。
取扱いに注意して読もうと思います。
立体をたたむ…ノウハウがあるんでしょうけど、やっぱりすごいなぁ。

2015/12/28 (Mon) 13:13 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

capitobeneさん、こんにちは。

そうなんですよ。
似せてはいるんでしょうけど、あの繊細なテニエルの絵は難しいですね。
チェシャ猫は、ページによって顔が違う………( ̄ー ̄;
普通の猫みたいだと思えば、化け物だったり。

2015/12/28 (Mon) 13:17 | EDIT | REPLY |   

イタさん  

No title

思った事をコメントしてみると・・・

雑な人には不向きなのが仕掛け絵本ではないかと思います

↑ 他意はないっす

2015/12/28 (Mon) 15:38 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

イタさん、ついでに言うと、子どもに渡すときっと腹立つんじゃないかと思います。
「あ゛~~~! また壊しちゃって~~~っっ!」

2015/12/28 (Mon) 20:23 | EDIT | REPLY |   

チサト  

No title

おお! 同じ本を 持ってます~ (^-^)
数年前の 誕生日に 貰ったの♪

これは、すごく楽しめますよね。明日引っ張り出して見よう!
その前に どこにしまったか 捜さないと・・・

2016/01/02 (Sat) 01:16 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

おっ、あづみさんもお持ちでしたか。
そうなんです。自分のためにはちょっと躊躇する値段ですし、プレゼントしてもらったら嬉しいですよね。

2016/01/02 (Sat) 10:42 | EDIT | REPLY |   

Post a comment