FC2ブログ

40年ぶりの再会



小学舘の「月刊Flowers」7月号に、萩尾望都さんの「ポーの一族」の続編が、なんと40年ぶりに掲載されるということで、発刊日の今日、早速買ってきました。

高校生の時(おお、歳がバレてら)、このシリーズが大好き過ぎて、読んでいなかった「少女コミック」のバックナンバーを探して、方々の古本屋さんを走り回って手に入れました。まだ分厚い月刊誌が無線綴じではなかった時代です。本を綴じている大きなホチキスの針のような針金を外し、シリーズごとにファイルしていたものでした。

長い時を経ても一つも変わらない主人公たちを追い求める登場人物がいましたが、それをまさに追体験する思いです。また会えるなんて思わなかった。(T ^ T)

「トーマの心臓」のスピンオフ「訪問者」「湖畔にて」を収録した別冊付録にものけぞりそうです。
エドガーとオスカーの2本立て!!
「ああ、懐かし~」と思われる年代の方、オススメですよ♪

で、この続きは8月号ではなく、冬になるそうです。なんということ!


スポンサーサイト



10 Comments

*+*+*m@co*+*+*  

No title

懐かしや~ヽ(^。^)丿┌┛♪


えー!えらいじらしますね( ・_・;)
冬っ!冬ぅ?

いがらしゆみこ、陸奥A子に行っちゃうぞ~(爆)

2016/05/29 (Sun) 04:52 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

macoさん、こんにちは。

懐かしいと思っていただけて何よりです。
山岸涼子さんとの対談もちょっと読んで見ましたが、ネームを描くのにだいぶ時間がかかるようになった、とのことでした。
もう年金をもらう歳になられているのですね。
やはり絵の雰囲気はちょっと変わってしまいましたが、その中でも極力40年前に違和感なく近づけるよう苦労されたようでした。

いがらしゆみこ、陸奥A子。これまた嬉しくも懐かしいお名前♪

少女雑誌を読まなくなって久しくなりました。かといってレディースもちょっと違うので、もっぱらビッグコミック系の青年誌を中心に読んでいましたから、昔の作家さんたちがどうされているのか全然知りません。もりたじゅんさんとか、忠津陽子さんとか懐かしいお名前も対談中に登場しましたよ。
皆さん、お元気なのでしょうか。

2016/05/29 (Sun) 15:35 | EDIT | REPLY |   

capitobene  

No title

懐かしい~っていうか、つい3ヶ月前に、「トーマの心臓」をダウンロードして読んだばかりです。
昔々、男ばっかり出てきて、これは少女漫画なのだろうか?といつも思っていました。
ポーの一族、この間、ドラマ化していましたね。最初の5分ぐらいしか見ませんでしたが。
「ポーの一族」もまた読みたくなってきちゃったわ~(^^)

2016/05/30 (Mon) 02:20 | EDIT | REPLY |   

はなせんめい  

No title

なつかし~~!
萩尾望都さんの絵は、とてもきれいで繊細ですよね。
私は、いがらしゆみこさんの「キャンディキャンディ」のファンでしたので、「ポーの一族」の内容はあまり覚えがなくて・・・
あ・・・私も歳がバレた・・・あはは・・・

2016/06/02 (Thu) 12:02 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

capitobeneさん、こんばんは。

あっ、そうなんですね。「湖畔にて」を読みながら、ずいぶん忘れてしまったなと思いました。電子書籍ですか。その手がありますね。
はいはいはいはい。香取慎吾クンが出てたドラマですね。一応見ましたが、むむむ…的な?(笑)。妹からの情報によれば、吉祥寺の書店では原画展があったらしく、「ポーの一族」が平積みだったそうです。復刻版も出たようですし、またちょっと盛り上がるかも。

2016/06/02 (Thu) 23:32 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

はなせんめいさん

「キャンディキャンディ」ですと、私よりずっとお若いです(笑)。
残念なのは、ちょっとデッサンの狂いが目につきました。
以前はこんなことはなかったのですが、やはりお年を召したせいなのかな、と思ったりして。

2016/06/02 (Thu) 23:33 | EDIT | REPLY |   

チサト  

No title

中高生の頃、読みましたとも~! このシリーズも好きでしたが 『 11人いる 』も 彼女の作品でしたよね?
萩尾望都、青池やす子、竹宮恵子なんかは 姉M子の管轄。全巻揃えていたはず・・・

私は くらもちふさこ、田淵由美子、大島弓子大好き人間でしたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/037.png">

この前テレ朝で 香取慎吾が ドラマでもやってましたよね・・・イマイチだったけど。

2016/06/03 (Fri) 00:23 | EDIT | REPLY |   

チサト  

No title

大島弓子さんが好きで 吉祥寺の お池のほとりに 3年住んだほどでして・・・
会えなかったんですが、彼女の住んでいる マンションを見るだけで 満足でしたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/047.png">

昔の少女漫画の話だったら 一晩でも二晩でも 語れそうhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/016.png">

2016/06/03 (Fri) 00:27 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

あづみさん、こんばんは。

そうそう、お姉さんでしたらドンピシャ世代のはず(笑)。
青池保子さん、これはまた懐かしい。「エロイカより愛をこめて」のエーベルバッハ少佐、大好きでした。
「11人いる!」は座敷わらしのお話にヒントを得たと聞いたことがあります。10人の子どもたちが遊んでいると、いつの間にか1人増えて11人になっている。

「ひとりも知らない顔がなく、ひとりもおんなじ顔がなく、それでもやっぱり、どう数えても11人だけおりました。そのふえた一人がざしき童子なのだぞと、大人がでてきていいました。
けれどもたれがふえたのか、とにかくみんな、自分だけは、ざしき童子だないと、一生けんめい眼をはって、きちんとすわっておりました。こんなのがざしき童子です。」

という宮沢賢治の絵本を持っています。これまた好きなんだなぁ。

2016/06/03 (Fri) 00:43 | EDIT | REPLY |   

ちぇしゃ猫  

No title

大島弓子さんの独特の世界も好きでした。
今思えば、「少女コミック」っていい雑誌でしたね。

男子学生が「りぼん」を持って歩いていても、一つもおかしくなかった時代でした。

2016/06/03 (Fri) 00:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment