FC2ブログ

400回

IMG_1648.jpg

競書誌「清心」の誌上作品コンクールも、10月号の課題で400回目となるそうです。
いつもの応募締切日は20日必着ですが、今月は20日が日曜ですので例によって18日に前倒し。
「遅らせてくれればいいのに」と内心文句を言いつつも、今日無事に投函してきました。

1995年に正会員になって以来、毎月届く競書誌を読みながら、いつかこの誌上コンで賞状をもらえるようになることを目標に、取り組みを始めました。
当時は、段級位によって下から「花の部」(一級以下)、「月の部」(初段〜三段)、「雪の部」(四段以上)の三部門に分かれ、それぞれ「特選」「一席」「二席」「三席」「佳作」の受賞者に賞状がいただけたのです。
初めて佳作に入ったのは1996年12月。嬉しくて自分の名前を何度も何度も確かめました。

次の目標は、応募した作品が写真掲載されること。
無謀な望みかと思いましたが、1998年4月には三席で写真版となり、しばらくは枕元に掲載誌を置いて眠る毎日でした。そんな日々からもう20数年が経ち、賞状も毛筆と硬筆を合わせて箱いっぱいに溜まるほどになりました。

現在は三部門の区別はなくなって、初心者もベテランも同じ土俵で競う無差別級となっています。
今あの頃の作品の画像を見ると「まあ、下手くそな」と恥ずかしくなりますが、実はそれからさほど上達していないのも確かです。
「努力は裏切らない」と信じてコツコツ頑張っていた日々の純粋さを、今一度思い返して取り組まないと、と反省することしきり。
400回をひと区切りに、また新たな気持ちでスタートしたいと思います。
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment