FC2ブログ

「赤壁賦」21ー25

臨書を進めてはいたものの、画像を放置していて、アップするまでに時間がかかりました。
続きます。

「桂棹兮蘭槳。撃空明兮遡流光。渺々兮余懷。望美人兮天一方。客有吹洞簫者。倚(歌而和之。)
「(歌に曰く)、桂の棹(かじ)、蘭の槳(かい)、空明に撃ちて流光に遡る。渺々たり余が懷(おも)い、美人を天の一方に(望む)と。客に洞簫(どうしょう)を吹く者有り」

IMG_1738.jpeg

IMG_1739.jpeg

IMG_1740.jpeg

IMG_1741.jpeg

IMG_1742.jpeg
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment