FC2ブログ

8月 規定仮名A・B

「卯の花の咲きぬる時は白妙の波もて結へる垣根とぞ見る」(大宰大弐重家)~新古今和歌集~



卯の花(ウツギ)~Wikipediaより~

◎仮名A



「うの花の(農)さ(佐)き(支)ぬる(類)とき(支)はし(志)ろ(路)た(多)へのな(奈)み(見)もて(帝)ゆへる(流)か(可)き(支)ねとそ(所)み(三)る」

◎仮名B



「うの花のさき(支)ぬるときは(盤)しろた(多)へ(邊)の(能)な(奈)みも(裳)てゆ(遊)へるかき(支)ね(年)とそ(所)み(三)る」

穂先がきき、細い線が出しやすい、イタチの面相筆を使いました。
Bの一行目、左に流れ過ぎました。逆に、他の行は右への動きが足りません。紙を右に傾けて書けばちょうど良くなる?
◇_(ー'`ー;)…ムムッ
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment